問い合わせなどはTwitterアカウントのダイレクトメッセージまでお願いします

クリスと遊楽の街 攻略レビュー



遊楽都市の神官として赴任した女主人公がエロに染まっていく良作同人RPG

攻略(回想全開放まで)
世界樹の神官になったクリスティアは、魔法についての悩みを抱える住民たちを導いてあげなくてはなりません。
準備を終えた彼女は、意気揚々と神殿を飛び出すのでした。

20210924-1.png

装備の強化を一切行わずにクリアが可能です。
操作可能になったら、世界樹神殿を出てすぐ南にある魔法道具店へ向かいます。
鍛冶工場に案内されるので、中にいるゴーレムを倒しましょう。
テンポよく攻撃を当てればハメることが出来ます。

アイテムのだいじなもの欄から、「ファストトラベル」が使用出来るようになります。
早速ファストトラベルを利用して「議事堂周辺」に飛びましょう。
ワープしてすぐ上にある建物に入り、フィリアから話を聞きます。
患者から情報を得たら、外に出て左下にある井戸へ飛び込みます。
下水道でスライムを倒してフィリアに報告しましょう。
夜の衣を装備すれば、簡単に倒せます。

中流市街地にワープして、魔法道具店に帰ります。
次の依頼場所は上流市街地になります。
ワープしてすぐ上にある大きな建物に入り、2階にいるニギディウスから詳細を聞きます。
その後、1階にいる執事と会話して夜まで待機しましょう。
ガーゴイルとの戦闘は、突進攻撃をやり過ごして攻撃を与えるヒットアウェイ戦法がおすすめです。
智の衣の攻撃範囲は狭いので、素早く近付きましょう。
テンポよく前進しながら攻撃を連打すると大ダメージを与えることが出来ますが、慣れが必要なので注意してください。

魔法道具店に戻り報告を終えたら、闘技場周辺にワープして剣闘士の宿舎へ向かいます。
アイビスから依頼内容を聞いた後、宿舎の北にある闘技場で常連客に話しかけます。
受付とも会話したら、外に出てすぐ左にある蔦を下りて地下水道に侵入しましょう。
地下水道では、各フロアの一番右側まで進むと別エリアに行けます。
グールとの戦闘は、剣の衣の攻撃性能の高さを利用します。
被弾覚悟で敵に突っ込んで壁に追い込むように攻撃を連打すると、あっさり倒せます。
グール撃破後。宿舎にいるアイビスへ報告しましょう。

魔法道具店に帰還したら、今度は大劇場周辺へ飛びます。
大劇場の支配人から話を聞き、議事堂周辺にあるウェヌス神殿でフィリアに事件の手掛かりを教えてもらいましょう。
大劇場に戻り支配人に2回話しかけると劇が始まります。
戦闘があるので、事前にセーブしておきましょう。
舞の衣は近接攻撃ですが向きに関係なくヒットするので、雑に近付いて攻撃しても大丈夫です。

魔法道具店で事件解決を報告したら、下流市街地にある下流酒場で依頼の詳細を聞きます。
夕方になって外へ出てみると、住民が全員寝ているので原因を調査することになります。
左下にある光る木を調べたら、イベントが進行します。
再度下流酒場に戻り、バルロに林檎の木について尋ねます。
下流市街地の南西から行ける「秘儀荘」で、サテュロスとのボス戦があります。
これまでと同様に、突っ込んで攻撃を連打しましょう。
依頼を達成したことをバルロに伝えたら、魔法道具店へ帰ります。

クリア後も自由に行動することが可能です。
ベッドの上にある天球儀を調べることで、霊写室(回想部屋)へ行くことが出来ます。

雷獣の回廊の先にいる鳴り響くエランドを倒すと、「エランドの雷角」が手に入ります。
雷角を所持していると、霊写室にいる原初の狩人が回想を全開放してくれます。

鳴り響くエランドの倒し方は、夜の衣を装備して遠くから攻撃します。
いつ反撃されてもすぐ逃げられるように、細心の注意を払いましょう。
被弾上等で戦うと勝てない可能性があります。

大ボリューム高品質な抜きゲーとなっています。
大体のシーンにそれぞれ5段階に分かれたイベントが用意され、どんどんスケベになっていくクリスティアを拝むことが出来ます。
獣のようなお゛ほ声を上げながら、カエルのように足を広げてアクメするシーンが最高でした。
サブヒロインのエロもありますよ。
システムも分かりやすく親切な作りで、ゲームが苦手な方でも安心して遊べます。
次の行き先を丁寧に教えてくれるナビゲーション機能、Hイベントとメインストーリーが紐付けされていないので自由に探索が出来るなど、ストレスなく作品に没頭することが出来ました。。
戦闘も理不尽な要素があまりないシンプルな殴り合いで、こちらの攻撃を押し付けられる爽快なバトルも可能です。
パフォーマンスが高い優秀なエロRPGなので、是非遊んでみてください。


回想開放済セーブデータ もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 [とろとろレジスタンス]

0 Comments

Post a comment