FC2ブログ
問い合わせなどはTwitterアカウントのダイレクトメッセージまでお願いします

深蒼の吸血鬼 レビュー攻略



リアルタイムで行動するヒロインを追いかけてエッチする同人RPG

すっかり暗くなってしまった帰り道を歩く主人公は、巨大な化け物に襲われてしまいます。
死んだと思っていたのに自宅で目を覚ました彼は、九朗と名乗る男に吸血鬼の話を聞かされます。
自らも吸血鬼になってしまった主人公は、生きるために相性が良い存在「八坂いつき」の血を吸血することに全霊を注ぐことになります。

20210414-1.jpg

図書室にいる八坂を吸血しましょう。
ドアを閉めて赤いハートマークが出たら、近付いてAキーで吸血出来ます。

校門前から操作可能になるので、廊下の右にある教室に入ります。
窓際の席に着いて授業を受けたら、すぐ右にある図書室へ向かいましょう。
その後、学校を出ると化け物に襲われます。

九郎に助けられて自宅に帰ったら、自室の左にある棚から猫の餌を取ります。
猫の目の前でアイテム欄から猫缶を使うと、九朗が戻ってきます。
ゲーム進行についてのチュートリアルが受けられますが、簡潔に話してもらうことも可能です。

学校へ行き、八坂が席に着いたら自分も着席しましょう。
近付いて来る桃彦に話しかけると、八坂の居場所が分かります。
図書室へ向かい、ドアを閉めて吸血します。

自宅へ帰りベッドで休みます。
これ以降、八坂を吸血してストーリーを進行させていくことになります。
ステータス画面のハートを全て赤色にすると、黄色いハートマークが出ます。
その時に吸血すると、段階が進むので注意してください。

午前の休憩時間に、あらかじめ図書室に入り本棚の影に隠れていると八坂が眠り始めるのでチャンスです。
放課後、八坂と一緒に満員のバスに乗車すると吸血が出来ます(2段階)。
体育倉庫にも二段階のHイベントが用意されています。
上記のイベントを見た後に、放課後図書室で待機していると八坂がオナニーを始めるので後ろから近付きましょう。

吸血イベントを終わらせると、図書室の外で黒い吸血鬼との戦闘が始まります。
ターン形式とアクションの二種類から戦闘方法を選べます。
自分はアクションノーマルで進めました。
コマンド式の方が楽かもしれません。
長い廊下を往復しながらチャージショットを当てて、気絶したら吸血しましょう。

戦闘勝利後、新たなスキル「影入り」を使えるようになります(Dキー)。
次の日、学校へ行くと校長室に呼び出されます。
その後、すぐ左の部屋にも呼び出されるので向かいましょう。
今後、吸血エナジーでアイテムを購入出来るようになります。

午後の授業で、体育倉庫に入る八坂を影入り状態で待ち伏せしましょう。
放課後図書室にいる八坂にわざと気付かれて水泳所へ向かわせます。
更衣室に透明化して待ち伏せましょう。
放課後の図書室で吸血も行います。
売店で「影の使い方・その1」を購入していると、登下校時間の教室で八坂に吸血が出来ます。
その後、外に出ると影の騎士との戦闘があります。

段階が進んでいくごとに、吸血を繰り返すとクリアになります。
下記はレベルごとのイベント発生場所です。

・レベル3
バス
校門
図書室
プール
図書室(レベルアップドレイン)

・レベル4
教室
図書室
廊下
校門
グラウンド
図書室(レベルうpドレイン)

・レベル5
体育倉庫
夜の通学路
バス内
自宅
図書室
夜の保健室
夜の体育倉庫
夕方のバス
自宅の本棚前

SNSでのHイベントもあります。

エンディングを見ると回想部屋が開放されます。
周回機能もあるので、イベント回収に使いましょう。

シーン数が多く、大量のNPCが個別のルーチンを持っている面白い作品でした。
戦闘システムもアクションかターン式かを選択出来るという珍しいゲームになっています。
コメディチックなストーリーですが、内容も伏線回収もしっかりしているので最後まで楽しく遊べました。
アプデによって多くのHイベントが追加されているので、気になった方は是非遊んでみてください。


セーブデータはSAGAO.Z様のHPに掲載されています もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 [とろとろレジスタンス]

0 Comments

Post a comment